「こいのぼり」と「のぼり」の関係

端午の節句と言えば「こいのぼり」ですが、江戸時代には武者絵が描かれた「武者絵のぼり」をあげるのが主流でした。

のぼりの事を知ろう

「こいのぼり」と「のぼり」の関係

毎年5月5日、端午の節句と言えば、男の子の健やかな成長を願う大切な日で、ちまきや柏餅を食べたり、菖蒲湯に入ったりするのが知られていますが、忘れてはいけないのが「こいのぼり」ですよね。

こいのぼりは「のぼり」となっていますが、私たちがよく知っている「のぼり」とは違う形で、いわゆる吹き流しタイプになっています。

では「のぼり」とは関係無いのではないか、と思うかもしれませんが、どうやらそうではなく、とても密接な関係があります。

かつて端午の節句と言えば「こいのぼり」ではなく、こいのぼりが登場する江戸時代以前は、武者絵が描かれた絵のぼり「武者のぼり」が掲げられていたそうです。

今では「こいのぼり」が主流となってしまいましたが、地方によって今もこの「武者のぼり」を掲げており、伝統工芸としても注目されています。

「こいのぼり」が誕生したいきさつも、「武者絵のぼり」で描かれていた鯉の滝昇りからということで、形は違いますが、のぼりと関係性が深いのだと知ることが出来ますね。

「こいのぼり」「武者絵のぼり」どちらにしても、男子の誕生を祝ったり、成長を願う思いは一緒であり、日本の誇るべき文化であることには変わりありません。