のぼりの歴史

わたしたちの生活でもお馴染みになった「のぼり」ですが、その歴史は古く、起源は平安時代といわれています。戦国時代の「風林火山」や「毘沙門天」といったのぼりが有名です。

のぼりの事を知ろう

のぼりの歴史

「のぼり」と言えば、相撲であったり、スーパーマーケットであったり、普段は意識して見ている訳では無いのですが、考えてみると至る所に使われていますよね。

ご存知の通りのぼりは、細長い布の長い一辺と上の短い辺に棒が差してあるもので、旗のひとつの形式であり、その歴史は古く、期限は平安時代の戦に使われた、上の短い辺だけに棒を差してなびかせる旗だそうです。

そこから戦国時代になると今の形ののぼりが登場し、有名なもので、武田信玄の「風林火山」や、上杉謙信の「毘沙門天」を頭に浮かべる方も多いでしょう。

この時代ののぼりの使われ方としては、敵か味方かを区別するため、または戦において自分の軍をアピールする目的が大きかったように思います。

時代が進み、現在私たちが見るのぼりは、なにかイベントをやっているというしるし、スーパーのセール情報など、主に宣伝目的で使われることが多いですし、探すまでも無く至るとこにある印象です。

一見、のぼりの使われ方が違ってきたのだと思ってしまいますが、どちらも「アピールする」という点では一緒です。

使われるシチュエーションや主な目的は違いますが、あの形状は確かにアピールするにはうってつけだな、と感じ面白いです。